オーストラリア 日本語教師

親日国での日本語教師は楽しい

オーストラリアで日本語教師をするのはとても心細くもありましたが、努力をして一生懸命やってきました。
思い返すといい事も、悪い事もどっちもありましたが、すべては自らの経験になり、加えて自らの一生にもつながっているのではないかと考えます。
日本語教師は前からの夢でしたが、思っている以上にきつい現実が待っていました。
まだなれない事例は、教案を思いめぐらすとか、教材の仕込みが大変で、それだけに時間を費やしてしまって、授業の中身が薄いのではないかと不安になったほどです。

 

その上授業を開始してみたら想定外の質問や展開になり、それはそれで面白かったのですが、そのたびに想定していた方向性とは違うところに進みますので、対応していかなければならずかなり苦労しました。
でも一人ではなく学校の先生も、生徒もみんなオーストラリアの人はいい人ばかりなので、努力をして皆さんに恩返しをしたい気持ちで頑張ってきました。
まだまだ一人前とは言えませんが、日本語教師としてはかなりレベルアップしたのではないかと考えてます。

 

オーストラリアに行って本当によかったです。
親日国なのでかなり皆さん優しいですし居心地が良い。
英語圏でこんなに日本語教育を積極的に採りいれている国はあまりないと思いますので、自身にとっての英語力の大きな向上にもつながりました。
生徒の多くはオーストラリア人でしたが、中には移民してきたアジアの人もいたので、色々な国の人とも交流出来たのがよかったです。
日本語を通じてかなり多くの人と交流できたと考えます。
教員から生徒まで廊下を歩いていても微笑みかかけてくれる、相当フレンドリーで温かい仕事場でした。
自身からやりたいと進言した事は皆がサポートして実現してくれ、学校のシステムや教育方針を知りたいと言ったら教員の方々が積極的に教えてくれました。

 

生徒たちは非常にフレンドリーで最後の日にはハグやサインを求めてくる人も多くいました。
想像していた以上の環境で経験を積ませてもらったと思います。
現在でも定期的に夢を見るほど、現地での生活は楽しいものでした。
息子たちの毎日の進化に感動したり、優しい先輩たちや上司に毎日支えられました。
住んでいたマンションの窓から見える夕焼けを見た時には、生きていて良かったとさえ考えました。

 

日本語教師は日本語を教えるだけでなく、日本の文化を伝え、国と国の架け橋になるとても素晴らしい職業です。
はじめは北京で暮らしたいという安易な考えで志した仕事でしたが、私は現在、この仕事を非常に誇らしく思っています。
素晴らしい先生方と仲間達、加えて講座で身につけた知識もあります。
しかし就職し実際に授業をするまでは、私が日本語を教える事が可能なのだろうかと非常に気がかりでした。
その気がかりは杞憂で、これまでとても楽しく留学生に授業をする事ができています。

 

今後は、国内で一段と経験を積み、いずれは韓国などアジア圏で日本語を教えてみたいと考えています。
授業の仕込みなど大変だとは思いますが、それは日本国内であっても同じこと。
最近は職場の外国人インターン生と仲良くなり、日本語について熱心に質問される事がありました。
また、短期留学で来たアイスランドのクラスメイトにも、日本に関心があるのだけどこの言い回しは日本語で何と言うのと話しかけられ、非常に驚きました。
私の思う以上に日本語に関心を持つ人が世界には多くいる事、その上「日本語が話せる」事で可能な事があると感じ、アイディアを練っています。

 

日本語教師を目指す講座では、授業を受ける事で、全く想像もできなかった教壇に立つ自身の姿がイメージできるようになりました。
日本語教育能力検定試験の合格は私自分まだ信じられないのですが…現在は任期の終わる1年後に自分はどうなっているのかを楽しみに、新しい就職先で頑張りたいと思っています。
はじめはどうなる事かと考えましたが、演習で再履修をしていくうちにすぐに勘を取り戻す事ができました。
そして、面接を受けるときには講座を受けた通信教育センターから諸々な支援もしていただき、お世話になりました。

 

大変だった事も多々ありますが、先生方やクラスメイトがいつも励ましてくれました。
たくさんある日本語教師養成学校の中から、どこを選ぶのか悩まれているのであれば、経験豊富な先生方と日本語教師を一緒に目指す仲間たちが待っているので直感を信じてみて下さい。
苦しい事もありますが、それらを乗り越えた先には日本語教師としての道が絶対あります。
日本語教師になりたいと思っているのなら、頑張って、夢を叶えて下さい。
まずは、日本語教育能力検定試験の合格を目指す勉強をするのが良いと思います。
よく間違えて、日本語教師資格試験と覚えている人がいますので注意して下さい。
すでに受験したけど、不合格だったと言う方は次回に向けて対策を練りましょう。
一番は勉強方法をそれまでのと変えること。
同じやり方をしていてもまた不合格になってしまう可能性は高いです。
例えば、独学で目指していたなら何かしら講座を受けるなどですね。

 

 

追記
最近では、大和田にあるカフェで日本語教育に関する書籍を読みふけるのにハマっています。
もっともっとこの道で精進して、いずれは日本語教師を志す若者達を導く立場になりたいと考えています。
それにはまだまだ経験も勉強も足りません。
ここまでこの職業にのめり込むとは、目指していた頃は思いもしませんでした。
実に不思議な魅力のある職業です。
業界的には給料は決して高くありません。
そのため、新卒から目指す若者は非常に少ないのが現実です。
私はそういったところから業界を変えていくことを今は夢見ています。
まずは私自身が若者に憧れられるように頑張りつつ、情報発信していきたいと思います。